カウンセリング キャリア

公認心理士を目指して放送大学へお問い合わせをしてみたら

Chill子
Hi Everyone! Chill子です!

さて、今後の人生どうしようかと迷ってた末に公認心理士の資格を取ろうと覚悟をきめて早速放送大学の資料を取り寄せた次第です!
取り寄せてみるとネット上で情報を取得するよりもかなりわかりやすかったのでその情報をみなさんに少しシェアできればと思います。

放送大学へ資料取り寄せ

いたってシンプルネットからのお申し込みで2、3日後にはすぐに資料が家に到着しました。送料も無料でかなりわかりやすい入学に関する資料一式を送っていただけるのでモチベーションも上がりますし、わかりやすいので迷っているならまずは資料を取り寄せることをお勧めします。公認心理士のパッケージは選択できないようになっていたのでとりあえず私は認定心理士コースの資料というのを選択して取り寄せしました。いずれにせよ、公認心理士の情報もその送られてきたパッケージの中から読み取れるので問題なかったです。

電話でのフォローアップ

ふむふむ、なるほど放送大学に入学してコースを履修するためにはこうしないといけないのね!と納得して忙しくなってしばらく放置していたところ携帯電話がなって放送大学の学生サポートセンターの方からのお電話でした。

とっても感じがよくて丁寧に色々と教えていただけるので、この様に電話でフォローをしてくれるのはとても安心感があっていいなと思いました。資料に目を通して納得はしていたものの念のため確認したい点が何点かあったので、色々と電話で私は確認させていただきました。きっとみんな同じ様なことを疑問に思っているのでは?と思ったので共有させていただきます。

電話で質問した内容は?

  1. Chill子
    4年制の大学を既卒で社会人ですが、大学3年次編入で公認心理士は目指せますか?
    A. Yes! 3年次編入で入学が可能で、単位も卒業要件のほぼ半数分はほとんど間違えなく既卒の大学の単位を換算することができるとのこと。公認心理士になるための学部プログラムの要件単位数が54?ぐらいだったので、3年次編入をすれば、ほとんど公認心理士になるための履修科目だけを受講すれば問題ないことがわかりました。朗報。
  2. Chill子
    演習科目がある様で、これは限られた人しか受けられない様に書いてありますが具体的にどういうことでしょうか?
    A.Yes!毎年30人のみ、かつ内部選考を突破した人のみが受講できるコースだということです。この様な演習科目2つを履修しないと公認心理士になるための学部プログラムを終えたことにはならないそうです。ただ、ポイントは毎年30人しか受けられないとのこと。かつこの演習科目どうやら今年が初の開校らしくこれを受講したいと待っている人が何百も下手したら数千人単位でいるのではと率直な状況が電話からは伝わってきました。内部選考もゆえにかなりハイレベルな争いになることが予想されるとのこと。これを受講するのに、下手したら5年6年待たないといけないかもしれないことも視野に入れた方がいいですよという学生サポート担当者さんからのアドバイスでした。最終的には、時間もかかるのでまずは全科目履修生ではなく科目履修生として入学し、学生プログラムの単位と積み上げながら、演習実習の応募倍率などをみて正式に全科目履修生として入学するのがいいのではないでしょうか?と親切に学生サポート担当の方から教えていただきました。
  3. Chill子
    公認心理士と臨床心理士をどちらを目指すのが今後いいのでしょうか?
    A.一個人としての意見はこれから目指すなら公認心理士を目指した方がいいのではないか!とは思います。私もこれが気になって様々な記事や見解を調べましたが、多くの人の意見はだいたいどちらも目指せるコースを履修するのが丸い策だと回答されてました。まあそれはそうですよね。ただ社会人としてそんなどちらも目指すなんて無理だし、もしや時間とお金もかかるので負担も倍になることを考えるとそれは現実的に難しい。そう考えた時に私は国家資格のステータスのある公認心理士を目指すことをお勧めします。少なくとも私は公認心理士に絞って目指します。臨床心理士を目指すメリットとしては学部のプログラムをやり直す必要がなく、大学院プログラムから開始できるということ。資格取得から働くまでの時間を最短で目指すことができます。ただ、今後公認心理士資格に置き換わっていくことを考えると就職においても公認心理士資格の方が有利に働くことが予想されます。臨床心理士資格を持っていても法的な公認心理士資格への移行期間が終わりを迎えるため、結局公認心理士資格を取ろうと思ったら学部プログラムからやり直さないといけないというのが落ちです。つまり、最終やっぱり公認心理士資格欲しいよねって思っていて、時間に急いでいない、今から6年後ぐらいかけてこの資格を取ろうかなという人は公認心理士資格を目指したらいいのではないでしょうか。
  4. Chill子
    上記の質問の延長線状で公認心理士の方が就職に有利なんですかね〜と軽く質問してみたところ、、、
    A. 公認心理士資格をまずとるのにかなりの覚悟が必要です。学部プログラム3年次編入で最短2年+大学院へ進学して2年などだいたい5年〜6年はやはり心理職として働くまでに時間がかかります。お金もかかりますし、その間の生活費等についても考えておく必要があることです。時間、お金に加えて、結局仕事にありつけるか問題というのもここまではっきりではありませんがおっしゃっていました。今から6年かけて心理職を目指す中で毎年毎年どんどん公認心理士資格取得者は増えていくことを考えると、資格取得時点で職にありつけるか問題というのは深刻にありそうでした。そもそも、臨床心理士ですら非正規雇用形態数カ所を掛け持ちしないとやっていけないという人たちが大半である現状から見ても、その懸念は十分に理解できました。それでも覚悟があるのであれば、公認心理士資格を目指していくべきだと思いました。

お問い合わせをしてみて ~感想~

実際にお問い合わせをしていると様々なことが鮮明に見えてきて資格や資格取得への道のりや期間、ハードル、メリット、デメリットなどがとても深く理解できた様に思います。まずはお問い合わせをしてみてわからないことを色々とクリアにしていくことで初めの一歩を踏み出すことができると思います。

私も実際にお問い合わせをしてみたことで次のステップが明確になりました。私はもともと来年の4月から全学履修生として放送大学を利用して3年次編入しようと思っていましたが様々な点を考慮してまずは科目等履修生として入学して、少しずつ必要な履修科目を履修していくことにしました。

最後に、仮に長い道のりをかけて公認心理士になったとしても本当に食っていけるのか問題というのは深刻にあって、いかに日本という社会が心の健康に対して認識が遅れているのかというのを反映しているのかなと感じました。なぜ月額4000円のスポーツジムには通うのに、カウンセリングには通わないのか、そこに隠れている文化的なのか、社会的なのか、個人的なのかわからないモヤモヤとしたものがどんどんクリアになっていけばいいなと改めて感じている今日この頃でした。笑

Hope this helps!

Cheers,
Chill子

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

Chill子

Hi, everyone!! Chill子です。 私はもともと日系のインフラ系の企業の海外投資部門で働いていましたが、現在は外資系へ転職をした20代OLです。働く女性として、20代の女子としていろんなことを発信していけたらと思います!ちなみにシンガポールとカナダに住んでいた帰国子女です!

-カウンセリング, キャリア

Copyright© Chill子ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.